岳南建設の強み

1919年の創業以来、岳南建設は多くの送電線工事を任され、社会の発展に大きく貢献してきました。一人ひとりの人材の情熱とがんばり、そして、革新的な技術の追求。「創意と工夫と努力」による良質な施工こそ、創業当時から変わらない、私たちの強みです。そのすべてをこの国で暮らす人々のために。岳南建設は、自らの仕事に誇りを持ち、さらなる飛躍に向けた挑戦を続けています。

誇りを胸に、大空を翔ける。

岳南建設は、2019年10月より新ブランドマーク&タグラインを導入し展開します。

つなぐ、まもる、ともす。

岳南建設の「GAKUNAN」をローマ字表記にて力強く、企業ブランドを総称できる表現としました。
ブランドマークのデザインは、力強い太い書体で「岳南の歴史ある強い基盤・信頼」を、 全体を貫くラインで「常に安全と技術を追求し続ける姿」と 使命である「エネルギー・情報を伝えるインフラを支える企業」としてつなげる電線のイメージをデザインに込めました。
また、ロゴカラーのブルーは、私たちが電気をつなぐ場所である「大空」を想起させる色に。

つなぐ、まもる、ともす。

私たちの提供する価値を伝えるにあたり、
すべての人々の生活を支えるインフラ事業であるという思いから、
老若男女問わず、わかりやすく伝えられるようにひらがな表記にしました。
「つなぐ」電線で電気をつなぐ、
「まもる」鉄塔を建設、保守する、
「ともす」人々の暮らしに電気をとどける。
岳南建設が行っている事業を、そのまま表現するタグラインとしました。

送電工事の流れ

技術について

施工実績