女性社員対談

東京支店 技術職

亀田 紫野

PROFILE

経済学部卒業。2019年入社。

広島支店 技術職

松山 由夏

PROFILE

普通科卒業。2017年入社。

岳南で働く。現場で輝く。

—岳南建設に入社した理由を教えてください。

松山 学校に来ていた求人を見たのがきっかけです。もともとは事務職を希望していたのですが、「女子社員も積極的に採用していく」という話を聞いて、説明会に参加してみようと。心が動いたのは、現場見学をしたときのこと。人々の暮らしに明かりを灯す、かっこいい仕事にあこがれを持ちました。

亀田 私ももともとは事務職、とくに経理を中心に仕事を探していました。正直、こうした仕事に就くとはまったく想像していなかったのですが、会社紹介の動画を見て興味を持ちました。仕事内容が幅広く、さまざまな知識を得られるので、自分の強みをつくることができるのではないかと考えました。

松山 もう一つ、大きかったのは職場環境ですね。出会う人すべてが優しくて、親身になってくれて。

亀田 会社、そして人の雰囲気は大事ですよね。どんな仕事でも、辛いことはあるもの。人間関係が良ければ、頑張れるものですから。

—現在は、どのような仕事をしていますか。

亀田 現場では、仮設撤去などの管理業務を担当し、一日の作業が終了すると事務所で、申請関係書類の作成を行います。現場の作業状況次第では事務所に戻る時間が遅くなることもあるので、メリハリをつけるのには苦労しています。

松山 私の場合は、事務所での仕事が中心ですね。事務所では計画書作成補佐や支店業務を。現場に出るときは監視員としての役割を担っています。現場に出ると周りには男性しかいませんが、皆さん、優しくフォローしてくださいますね。重いものを持っていただいたり、休ませていただいたり。どうしても、腕力や体力の差はありますから。

—確かに、体を動かすことも多い仕事ですから、苦労もありますよね。

亀田 けれど、皆さん、本当に気を配ってくださるんです。男性ばかりの職場だったこともあって、上司や協力会社の作業員さんは、積極的に声をかけてくださいますし、サポートもしてくださる。ただ、厚意に甘えてしまってばかりではいけないという気持ちもあって……。

松山 そうですね。でも、無理をしてしまえば、ケガにつながることもありますから。男女分け隔てなくという考え方は大事ですが、違いを認識して、自分にできることをやる。できることを増やしていく。それでいいんだと思います。

亀田 そうかもしれません。でも、男性社員の連帯感というか、ノリというか。そういうのを見ていると、羨ましくなってしまいます。現場に出ると、女性社員は一人だけですからね。

松山 仕事内容において、とくに意識することはないですし、輪の中に招いてもくれますが、やはり心細くなることはありますよね(笑)。どちらかといえば、同性の方が話しやすい、相談しやすいことは確かなので。だから、事務員の女性に話を聞いてもらったり、亀田さんと連絡を取り合ったり……。

亀田 あります(笑)。だから、普段から松山さんと連絡し合えることで、とても助かっているんです。できれば、もっと女性社員が増えてくれたら、嬉しいのですが。

—今後、岳南建設でも、女性社員の活躍の場は広がっていきます。
皆さんはそのパイオニアということになりますね。

松山 これは、建設業界全体に言えることですが、休憩場所をはじめとした施設など、まだまだ現場で女性が働くための環境は十分だとは言えません。少しでも多くの女性が入社し、活躍するための手伝いや環境づくりをしていきたいと思っているんです。いろいろと話を聞いてくれる風土はありますので、相談しながら、少しずつですね。

亀田 まだ入社1年目なので、まずは自分のことをしっかりと。わからないことだらけなので、まずは教えていただいたことを一つずつ覚えて、できるようになること。そうすることで、これから入社してくる女性に、道を示してあげられるのではないかと思っています。

松山 この仕事はいろいろな業務を経験できるので、決して飽きることはないですし、得られるものも多い。また、周囲の方々も長い目で成長を見守ってくれます。興味を持ってくれた女性の方にも、この仕事ならではの面白味を感じてもらえれば、嬉しいですね。